注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

川井郁子が娘の花音と舞台で共演!元夫や実家、生い立ちについても紹介

出典:ikukokawai.com

こんにちは!Muutonです!

バイオリニストの川井郁子さん

美しく、身長も高くてスタイル抜群!

力強くも美しい曲を奏でる川井郁子さんに魅了されているファンは多いことと思います

2020年にはデビューから20周年を迎えた川井郁子さんですが

結婚し、娘が誕生し後に、離婚していました

その一人娘、川井花音さんはバイオリンではなくギター奏者!

弾き語りが凄くいい!高校一年生とは思えないくらい声も素敵なんです!

2021年に川合郁子さんが企画・原作・演出・音楽・出演を担った舞台

「月に抱かれた日・序章」~ガラシャとマリー・アントワネット~には

娘の川合花音さんと共演したのでした!

そこで娘、川井花音さんですが、との舞台で共演のことや、弾き語り動画

素敵すぎる川井郁子さんと結婚したエリートの元夫はどんな方なのか、

さらに、川井郁子さんがどんな環境で育ったのか実家や生い立ちについて

まとめましたのでご一緒にどうぞ!

 


川井郁子の身長やプロフィール

川合郁子(かわいいくこ)

・生年月日:1968年1月19日(2022年現在54歳)

・出身地:香川県高松市

・学歴:東京芸術大学大学院修了

・職業:バイオリニスト、作曲家、大阪芸術大学演奏学科教授

・身長:168㎝

身長は168㎝と高いのに、体重は48㎏?!

スレンダーなのに、メリハリボディー!

美容や体型維持には特別気をつかっていないそうです

羨ましい!!


川井郁子の実家や生い立ち

音楽家で有名な方は両親も音楽に係る仕事をしていたり

社会的地位のある裕福な家庭環境で育った方が多くいらっしゃいますが

川井郁子さんの育った家庭は普通のご家庭だったそうで

父親はサラリーマンだったそうです

通っていた小学校は、「高松市立牟礼小学校」

通学路は田んぼ道だったそうで、今の川井さんからは想像できず調べてみましたら、

今も40年ほど前も住宅こそ増えていますが学校の周りが田んぼに囲まれた長閑な地域でした

そのような穏やかな環境のなか育った川井郁子さんが

バイオリンを習いはじめたのは6歳のころでした

偶然耳に入ってきた「バイオリン協奏曲」に感動したのがきっかけとなりました

momo
6歳のまだ小学1年生のころにバイオリン協奏曲に感動するなんて!
バイオリニストとしての才能が目覚めた瞬間だったのかもしれませんね!

その後もバイオリンへの情熱は途絶えることなく

中学校、高校、そして東京芸術大学へと進学し、枠にとらわれない自分らしい音楽を表現していく

現在のバイオリニストとしての活躍へと発展していったのです!

 


川合郁子の結婚相手であった元夫について

出典:tmd.ac.jp

2005年11月に高柳 広(たかやなぎ ひろし)さんと結婚しました

高柳 広さんのプロフィール

・生年月日:1965年10月7日(2022年現在56歳)

・出身地:東京都新宿区

・職業:医学者、整形外科医、東京医科歯科大学教授
    リウマチの研究でも名高い

結婚した翌年

2006年に長女の花音さんが誕生しました

そして、出産後わずか3か月で仕事復帰しています

川井郁子さん38歳での初産ですので身体もまだ完全に回復せず
精神的にも安定していない状況だったのではないかと心配に思いますが
それだけ、仕事への情熱が強くあったのだと感じます!

一方で、夫の高柳さんは医学者としても名高く、さまざまな研究で受賞していただけに

世界中を行き来するかなり多忙な日々を送っていたと思います

お二人共に多忙な日々を過ごしていたなかでのすれ違いでしょうか

8年の結婚生活を経て2013年に離婚しました


娘の花音(かのん)さんの弾き語りが素敵!川井郁子さんとの舞台での共演について

 

川井郁子さんの一人娘「川井花音」さんは現在高校一年生

かわいい顔から想像出来ないような、抜け感のある大人っぽい歌声!

最後にみせる笑顔は16歳の女の子って感じますが内面は、声と同様に

16歳とは思えない、しっかりもの!

 

川井郁子さんの20周年を記念して自ら企画から演出や作曲まで一人で行った

音楽舞台には、明智光秀の娘で細川忠興の妻となり敵方の人質になることを拒絶し

高貴な生き方を貫いた細川ガラシャの幼少期を花音さんが演じました

中央の黄色いお着物の少女が花音さん!可愛く美しいですね!

郁子さんにこの役を頼まれた花音さん!一度は、断ったのですが

その後、何度か頼まれ舞台で演じることは嫌いではない為、引き受けることにしたのだそうです

この舞台完成までに、郁子さんは花音さんに話を聞いてもらいながら

いろんなアドバイスをもらったそうです

婦人公論のインタビューで花音さんは

「子どもだから無責任に言えるだけです。お母さんは仕事をする相手を思いやったり、
締め切りがあったりして譲歩することに慣れてしまっています。
でもお母さんが迷っている時、私は『いい舞台を作る』という観点だけでアドバイスができるので、
いいのだと思います」引用:fujinkoron.jp

幼い頃から本物を見てきたからこそ出来る

そして、ずっと郁子さんのことを近くで見てきたからこそ出来るアドバイスでしょうか!

尊敬しちゃいます!

そんな花音さんですが、演じたり、演奏家になりたいとは思っていないようです

あの歌声とセンスが勿体ない!!と思ってしまうのですが

今は、絵を描くことに夢中!

横尾忠則先生のアトリエに訪問後、感激した花音さんが

刺激を受けて描いていた絵だそうです!

ピカソが好きな花音さん!絵がピカソのように斬新で抽象的な感じがします

きっと、音楽的にも芸術的にも洗練されたセンスに恵まれている花音さん

これからの成長が楽しみですね!

 


川井郁子が娘の花音と舞台で共演!元夫や実家、生い立ちについてのまとめ

今回は、川井郁子さんの娘の花音さんとの舞台で共演のことや、素敵な弾き語り動画

川井郁子さんと結婚したエリートの元夫はどんな方なのか、

さらに、川井郁子さんがどんな環境で育ったのか実家や生い立ちについてまとめました

・川井郁子さんの実家や生い立ち
実家は普通のサラリーマン家庭で、学校の通学路は田んぼ道だった
6歳でバイオリンと出会い、一生懸命父にねだり買ってもらい習い始めた・川井郁子さんの結婚相手の元夫について
2005年に高柳 広さんと結婚しましたが2013年に離婚
・生年月日:1965年10月7日(2022年現在56歳)
・出身地:東京都新宿区
・職業:医学者、整形外科医、東京医科歯科大学教授
リウマチの研究でも名高い・娘の花音さんの弾き語りが素敵!川井郁子さんとの舞台での共演について
ギターの弾き語りで抜け感のある大人っぽい歌声でセンスの良さをかんじさせる花音さん
川井郁子さんの20周年を記念して自ら企画から演出や作曲まで一人で行った音楽舞台には、
明智光秀の娘で細川忠興の妻となった細川ガラシャの幼少期を花音さんが演じました

川井郁子さんのコンサートが6月23日渋谷・オーチャードホールで開催

【デビュー20周年を記念した、これまでの集大成ともいえるコンサート】

直接拝見して、川井郁子さんの奏でる音楽を肌で感じたいです!!

これからも、美しい美貌と音楽を世界へと披露してください♪

最後までお読みいただきありがとうございました