「カウズ」とは?経歴(プロフィール)や開催中の「カウズ展」について!

出典:artpedia.asia

現代美術界で最も注目されるアーティストのひとり「KAWS」カウズをご存知でしょうか

目が××なキャラクターは見たりして、印象に残ってはいましたが、、、正直詳しくはわかりませんでした

調べてみると、展覧会が開催されていて、グッズが完売になっていたり、いろんなコラボグッズが
販売されていたりと、とても話題になっているのですね!

そこで、カウズとは何者か?経歴(プロフィール)
開催中のカウズ展「KAWS TOKYO FIRST Sponsored by DUO」のことなど
調べてまとめましたので、ご一緒にどうぞ!


「KAWS」カウズとは?プロフィール

・本名:ブライアン・ドネリー

・生年月日:1974年11月4日(2021年8月現在46歳)

・出身:アメリカ合衆国 ニュージャージー州

・住居:ニューヨーク

・職種:画家、グラフィックデザイナー、彫刻家、トイ作家、ファッションデザイナー
    ストリートアーティスト(非公認の公共芸術作品)

スポンサードリンク

「KAWS」カウズの経歴

・セント・アンソニー高校卒業後、ニューヨーク美術学校(School of Visual Arts)
イラストレーション科の学士を得て卒業

・卒業後、フリーランスのアニメーターとしてジャンボピクチャーズで働き
「101匹わんちゃん」などのTVアニメシリーズの背景の絵を描く仕事をしていたそうです

・その後グラフィティアーティストとして活動

てんてん
グラフィティアーティストって何?
むーむー

グラフィティ(落書き)とは許可なく公共・私的空間の壁などに絵を描く行為で
ストリート・アートとも呼ばれているよ!
グラフィティは単純な文字の形態のものから複雑な壁画まで幅広く、実は歴史が深いんだ!

・1999年ごろから「カウズ」として本格的に活動をはじめました
昼間はアニメーター、夜はグラフィティアーティストとして活動

その後、「サブバータイジング」作品へと移行していきました

てんてん
サブバータイジング?・・・
初めて聞くけどなんだか難しそう
むーむー
バスの待合所や公衆電話ボックスの広告に漫画のようなキャラクターを
書き加えたりして企業広告を全く違う意味にする手法だよ!
👇の画像を見たらわかりやすいね(カルバンクラインの広告)
てんてん
うわっ!カッコイイ!
モデルもよりカッコよくみえる!!
むーむー
カウズの知名度が上がるにつれ書き換えられた広告は、直ぐに盗まれてしまうようになったの。2003年ごろまで、パリ、東京、ロンドン、ベルリンなど世界中で「サブバータイジング」をしていたんだ!
カウズは作品を公共空間で展示することでより多くの人に見てもらう、知ってもらう!
自己発信することを根底に活動しています
スポンサードリンク

目が××のキャラクター「コンパニオン」

1999年、カウズは「バウンティー・ハンター」からのオファーで日本を訪れ、このときに
最初の限定版ビニールトイ「コンパニオン」を制作しました
これが大ヒットとなり、制作した500体がすぐに売り切れたのです!
てんてん
凄い!!ちょっとミッキーマウスに似てない?
むーむー
コンパニオンは、ミッキーマウスをベースにしたグレースケールの
ピエロのようなフィギュアで、頭から2本の骨が出ているのが特徴だよ!
その後、コンパニオンはKAWSの作品で繰り返し現れるキャラクターになったんだ!
カウズは日本と関わりが深くて過去には日本でも作品を制作しています
彼の代表的なキャラクター「コンパニオン」が世界中を旅するというコンセプトで、
日本では2019年に富士山の麓に全長40メートルもの巨大コンパニオンの彫刻を制作しました
自然が創り上げた芸術富士山の麓に富士山のように横たわる巨大なコンパニオン!物凄い存在感ですね
また、ユニクロとのコラボレーションでセサミストリートのキャラクターをモチーフにデザインされたTシャツや「KAWS×PEANUTS」のトリプルコラボレーション企画でのスヌーピーのぬいぐるみが大人気です!

カウズ展覧会「KAWS TOKYO FIRST」

カウズ展覧会で、KAWSの作品に触れることが出来ます!

2021年10月11日までKAWS大展覧会7月16日から開催中

会場は六本木ヒルズ森タワーの52階にある森アーツセンターギャラリー

この展覧会では、制作初期の作品から最新作までの絵画や彫像、プロダクト、さらには
KAWSが保有するプライベートコレクションなど150点以上の作品を展示しているそうです!
展覧会で販売中のグッズが大人気で完売が多いようですね!
キーホルダー類は全て完売だとか・・・再入荷もないようですので購入出来た方は頑張ったのですね!
貴重な展覧会!!是非、直接見に行きたいです!!

まとめ

今回は、カウズとは何者なのか?経歴(プロフィール)や
開催中のカウズ展「KAWS TOKYO FIRST Sponsored by DUO」のことなどまとめました

・「KAWS」カウズのプロフィール
・本名:ブライアン・ドネリー
・生年月日:1974年11月4日(2021年8月現在46歳)
・出身:アメリカ合衆国 ニュージャージー州
・住居:ニューヨーク
・職種:画家、グラフィックデザイナー、彫刻家、トイ作家、ファッションデザイナー
ストリートアーティスト(非公認の公共芸術作品)

・「KAWS」カウズの経歴
・セント・アンソニー高校卒業後、ニューヨーク美術学校卒業
・卒業後、「101匹わんちゃん」などのTVアニメシリーズの背景の絵を描く
・その後グラフィティアーティストとして活動し後に「サブバータイジング」作品へと移行
・1999年、オファーを受け日本を訪れ、このときにビニールトイ「コンパニオン」を制作
その後コンパニオンは繰り返し現れるキャラクターになった
・2016年ユニクロと契約
・2017年ナイキの子会社、エアジョーダンと共同でカプセルコレクションをリリース
・2017年7月〜・・日本国内初の展示会「KAWS TOKYO first」
・2021年デザイナーのトラヴィススコットとコラボ

・カウズ展「KAWS TOKYO FIRST Sponsored by DUO」
 2021年10月11日までKAWS大展覧会7月16日から開催中
会場は六本木ヒルズ森タワーの52階にある森アーツセンターギャラリー
展覧会で販売中のグッズが大人気!

出典:media.and-art.jp

フジテレビ放送予定「カウズ東京上陸!世界を席巻する人気現代アートの魅力!」番組で
女優の武井咲さんや天野ひろゆきさん、トラウデン直美さんが展覧会やコラボグッズや激レアグッズ
のことなど紹介されるそうです!

カウズの目が××なのは、「私は本物ではありません」という考えの捉え方もあるそうです
目をふさぐ手の甲に××が描かれていたり、とても深い意味があるように思えるのです

カウズの魅力ある作品は、これからもますます価値が上がっていきそうですね

スポンサードリンク